歴代会長からのメッセージ

歴代会長からのメッセージ

3期目会長 石井 陽介

EO Fukuoka 3期目会長の石井 陽介です。(2019年7月~2020年6月)

EO Fukuokaは、2017年、圧倒的な成長を目指す起業家組織として始動し、2019年7月時点で九州全域より40社の起業家が集いました。
それぞれが人生・経営の中で、得てきた経験を共有する場であります。決して「仲良しクラブ」ではありません。

人生・経営には、普遍の法則があるように思います。それぞれが自身の人間的成長・業務的成長の経験を共有することにより、出来る限り失敗を避け、人としても起業家としても最短距離成長を目指す仲間の集団です。

「志ある起業家が、学び成長する」という理念、「九州で最も影響力のある起業家コミュニティを形成する」というミッションのもと、努力を重ねていきます。

福岡市は「グローバル創業特区」として世界から注目を浴びており、グローバル化の世界の中で日本を代表する未来の大きな可能性を期待されている地域です。

しかし、起業家の数は増えているのですが、その企業の「成長角度」「グローバル展開」「持続可能な会社」という観点で考えると、まだまだ改善の必要性があります。

九州全域の起業家の「牽引役となる」ことや「更なる発展成長のサポート」をし貢献することが、EO Fukuokaの存在意義だと考えております。

「グローバル企業を目指す人」「IPOを目指す人」「長期的に持続可能な企業を目指す人」等、大きな志を持った起業家の成長機会の一つとして存在し続けたい、それがEO Fukuokaのこれまでもこれからも変わらぬ想いです。

3期目会長 石井 陽介

石井 陽介

2期目会長 時津 孝康

EO Fukuoka 2期目会長の時津です。(2018年7月~2019年6月)

EO Fukuokaは圧倒的な成長を目指す組織として昨年より始動、7月時点で33社のアントレプレナーが集いました。
九州全域より、それぞれが多岐に渡る事業展開の中で得てきたノウハウを持ち寄る場であり、それは決して「仲良しクラブ」ではありません。

EOのミッションである「志ある起業家が、学び成長する」のもと、成長追求型の組織として、日々切磋琢磨しております。

また、地方創成が騒がれる昨今、様々なポテンシャルを持つ福岡がその模範となり日本の都市の多様性を示していきたい。

「起業が盛んな福岡」として注目を浴びていますが、EO Fukuokaがその旗振り役となり、地域の成長に貢献することが、存在意義だと思っております。

地域の成長には企業の成長が、企業の成長には経営者の成長が欠かせません。

メガベンチャーを目指す人、IPOを目指す人等、志を持った経営者の成長機会の一つとして存在し続けたい、それがEO Fukuokaのこれまでもこれからも変わらぬ想いです。

2期目会長 時津 孝康

時津 孝康

初代会長 納富 貞嘉

初代会長を務めた納富です。(2017年7月 〜 2018年6月)

「起業が盛んな福岡」。自分自身が生まれ育った街、ビジネスの拠点としている街がそのような形で注目を集めること、とても嬉しく思います。
一方で、日本におけるビジネスは東京に一極集中。人口・企業の多さや情報の集積という観点でも東京が最も効率の良い街でしょう。さらに言うと、もっと起業が盛んな街も東京。この事実は誰もが認めることでしょう。

客観的に、この状況を見たときに、福岡に足りないものは何か、それは起業家のコミュニティだと思います。様々な情報を交換し、時にはライバルとして、時には仲間として、起業家同士が刺激し合い、学び合うコミュニティ。EO Fukuokaがその受け皿となり、志高き起業家が成長できる場となれば嬉しいと思います。

また、地方創成が騒がれる昨今、様々なポテンシャルを持つ福岡がその模範となり日本の都市の多様性を示していきたい。

EO Fukuoka。福岡という名前を冠してはいますが、All九州で1年目のEO Fukuokaを創り上げていきたいと思います。

初代会長 納富 貞嘉

納富 貞嘉