EO Fukuokaについて

EO Fukuokaとは

EO - Entrepreneurs’ Organization - は、1987年に米国で設立された、起業家のみで構成される世界的な組織です。
57ヶ国179チャプター、1万3000人の総会員数を超える組織になっています。

EO Fukuoka は、日本にできた5つ目のチャプターです。
(東京、大阪、東北、名古屋、福岡)

EO Fukuoka の入会資格は、以下の3つ。
・会社の売上が1億円以上であること
・その会社の代表権を持つこと
・その会社の創業メンバーであること

福岡の起業家のみならず、九州全域の起業家が属しています。

EO Fukuokaの理念・目的

志ある起業家が、
相互の交流・協力を通して
以下を実現する。

01 メンバー各自の
ビジネスの繁栄

ビジネスへの貢献

02 メンバー各自の
人間的な成長

自己成長の場

03 信頼できる
人間関係の構築

良き仲間を創る

会長からのメッセージ

EO Fukuoka 4期目会長を務めさせていただきます久保雅也です。(2020年7月~2021年6月)

EO Fukuokaは、2017年、圧倒的な成長を目指す起業家組織として始動し、2020年7月時点で九州全域より41社の起業家が集いました。
それぞれの人生、経営の中で得てきた経験を共有し、成長を目指す場であり、決して「仲良しクラブ」ではありません。

「志ある起業家が、学び成長する」という理念、「九州で最も影響力のある起業家コミュニティを形成する」というミッションのもと、努力を重ねていきます。
福岡市は「グローバル創業特区」として世界から注目を浴びており、グローバル化の世界の中で日本を代表する未来の大きな可能性を期待されている地域です。
しかし、起業家の数は増えているのですが、その企業の「成長角度」「グローバル展開」「持続可能な会社」という観点で考えると、まだまだ改善の必要性があります。
九州全域の起業家の「牽引役となる」ことや「更なる発展成長のサポート」をし貢献することが、EO Fukuokaの存在意義だと考えております。

私の期では正会員としての基準を満たない起業家を引き上げるアクセラレーター制度や、メンバーが更なる成長を遂げるためのメンターシップ制度などを拡充していきたいと考えております。

コロナ禍によって世界が変化を求める中でも「グローバル企業を目指す人」「IPOを目指す人」「長期的に持続可能な企業を目指す人」等、大きな志を持った起業家の成長機会の一つとして存在し続けたい、それがEO Fukuokaのこれまでもこれからも変わらぬ想いです。

4期目会長 久保雅也

久保雅也

歴代会長からのメッセージ